茶柱横町 茶柱横町入口へ
 
 
プロフィールを見る
前を見る 次を見る

06 ごめんなさい

ごめんなさい
あなたが泣いている夜に私は遠く離れた空を見ています。
電話の向こうからあなたのため息が聞こえてくるのに
私はあなたに走っていくことすら出来ません。

ごめんなさい
大きくなったらあなたが頼れる人になると言ったのに、
未だに私はあなたの小さな子供です。

ごめんなさい
あなたが教えてくれた奇麗な道を見向きもしないで
私は先の見えない小さな路地で迷ってしまいました。

ごめんなさい
ああ、ごめんなさい
たった一言をあなたに言えない今日の私・・・
あなたに似た顔が淋しい笑みを流します。

蒸し暑い夏の夜風に
届くはずのない言葉を送ります。
ああ、ごめんなさい

22
335日ぶりの手紙

21
午前1時43分

20
今の気分?

バックナンバーINDEX
前を見る 次を見る
| 著作権について | このページのトップへ | 茶柱横町入口へ |